htaccessを使って301リダイレクトする方法

サイト運営

webページまたはサイトを転送する方法にはいろいろありますが、一番おすすめはhtaccessを使って301リダイレクトする方法です。
具体的にその方法を紹介していきます。

301リダイレクトを使って転送するときのhtaccessへの記述方法

htaccessを使って301リダイレクトするには、サイトのhtaccessファイルに転送処理を記述する必要があります。
サイトにhtaccessファイルがない場合には、「〇〇.htaccess」というファイルを作って転送処理を記述し、サーバーのリダイレクトしたいページと同じ階層又は一つ上の階層にアップロードする必要があります。
以下で、ページ単位でリダイレクトする場合とディレクトリ単位でリダイレクトする場合に分けてhtaccessへの記述方法を紹介します。

補足:301リダイレクトと302リダイレクトとの違い

  • 301リダイレクト:恒久的なページ移行の場合に使用します。元ページの検索エンジンの評価も引継ぎます。
  • 302リダイレクト:一時的なページ移行の場合に使用します。

ページ単位で301リダイレクトする場合

「before.html」にアクセスがあった際、「https://example.com/after.html」へ301リダイレクトさせたい場合のhtaccessへの記述は下のようになります。

RewriteEngine on
RewriteRule ^before.html$ https://example.com/after.html [L,R=301] 

ディレクトリ単位で301リダイレクトする場合

「before」ディレクトリにアクセスがあった際、「after」ディレクトリに301リダイレクトさせたい場合のhtaccessへの記述は下のようになります。

RewriteEngine on
RewriteRule ^before(.*)$ /after$1 [L,R=301]

コメントを残す





このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください